忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.10.18 |

自己破産しない!過払請求

Q:消費者金融から100万の借金をしていて五年ぐらいかかり・・去年やっと払い終わりました。よく広告で見かけるのですが利息の払い過ぎ分を取り戻す事が出来る。
返済が終わってからも可。・・・とありますが・・本当に出来るのですか?また、そういった事をして今後の住宅ローンなど(個人情報など)に影響はないのでしょうか?もし出来るのならどのようにしたらいいのですか?教えてください。よろしくお願い致します。ちなみに・武富士です。 
質問者│心・神奈川県・女性・30歳

A:過払い請求できます
回答者:
村田 英幸│日時2007/12/05 12:11

利息制限法で引きなおし計算すると、払いすぎた利息について過払いの返還請求ができます。
利息制限法の法定利息は100万円以上は15%です。
それを超えていましたか?
また、過払いの返還請求をしても、債務返済が遅れているわけではないので、ブラックリストには載りません。
村田法律事務所
村田 英幸弁護士

A:今後のライフプランをよく考えてみましょう。
回答者:樋口 洋二│日時2007/12/05 18:37

一般的に消費者金融から5年前から借りていたとなれば、当時はかなり高金利の
はずですから、それを完済したとなれば過払いになっていることはほぼ間違いは
ないと思われます。
そのため、簡単に取り戻せるかどうかは別として、結果的に取り戻すことは可能
だと思います。

ここで信用情報についてご理解いただきたいのですが、金融機関と取引のある人
の取引状態を各社で共有するために作った組織が一般的に言われる信用情報機関
ですが、いわゆるブラックリストとは延滞などをした人たちだけがリストアップ
されている一覧がある訳ではありません。
申込み、融資、完済と、その時の取引状態を他の金融機関も参考に出来るように
取引のある金融機関が登録するのです。

完済したということは高金利の面を除けば、金融機関との取引がないのですから、
あなたの信用情報には現時点で何も問題がないはずです。
しかし、ここで過払いの返還請求をしたらどうでしょう。
金融機関も取引のない人にお金を返還することは出来ないですから、返還にあた
り、取引のあることを登録し直さなければなりません。
では、申込みでもなく、融資でも返済でもない場合に、なんと登録すればいいの
でしょうか。これがいわゆる債務整理扱いです。

現在、金融庁からも完済者に対し「延滞」などの不利益な扱いをしないようにと
要請はしています。
しかし、消費者金融などは延滞扱いにするのを信販系などに先駆けてやめたよう
ですが、それでも通常の取引ではないですから、「契約見直し」など何かしらの
状態があることが分かるようにはなっているようです。
言葉の違いがあるにせよ、通常の取引ではないのですから、新たなローンなどの
申し込みを受けた金融機関からしてみれば、「ブラックリスト」そのものではな
いでしょうか。

今後、どの段階でローンなどを組みたいのか、そういったライフプランを考えた
上で手続きをするのかどうかを判断してください。 
司法書士法人リーガルハンズ
樋口 洋二司法書士 

参照http://profile.allabout.co.jp/ask/qa_detail.php/8919
PR

2008.03.11 | Comments(1) | Trackback(0) | 自己破産 借金完済

コメント

失礼致します。

初めまして。「新・自分探しブログ」の管理人のシンと申します。私は現在「情報企業家」として生活しております。どうにか半年で600万用意しました。姉夫婦が500万の借金を抱えており…助ける為でした。読者様も借金を抱えていらっしゃる方が沢山おります。今後、救済の為、勉強させて頂きたいと思います。応援クリックさせて頂きました。宜しければ私のブログにもお越し頂ければ幸いです。

http://japan11921024.blog66.fc2.com/

ネットビジネス、借金、鬱病、禁パチ、ヤクザさんとの修羅場体験、恋愛商法体験、架空請求体験など、過去の話や日常を記事にしております。良かったら覗いて下さいね。ランキングも応援して頂けたら嬉しく思います。後、恐縮なのですが…相互リンクもお願い出来ませんでしょうか?今後も勉強させて頂きたいと思っております。

突然のコメントで申し訳ありませんでした。それでは失礼致しますm(__)m

2008-03-12 水 13:16:10 | URL | シン #92d924533f [ 編集]

コメントの投稿


« | HOME | »

忍者ブログ [PR]